家紋の話

輪違 

関東に下向し大高と称し足利に定住、その時使用していたとされる家紋。 鎌倉時代、南北朝時代そして室町時代において、日本各地を駆け回っていた。 分家の丸山も同様だ。大高は高階を忘れ、丸山は大高の記憶さえ残さない。本家の高師直はさておき、 若狭守護大高も夢窓疎石の法話集「夢中問答集」の編集に関わっている。
武士は職業軍人とされるが、本来開拓農民なのだ。自ら土地を開墾し、その土地を安堵してもらうため戦ったに過ぎない。

まるに橘 

丸山は橘氏と縁もないのだが、橘紋だ。関東管領山之内上杉家が長尾氏の下剋上により 滅亡し、越後の多くの丸山は帰農したのだろう。過去の記憶を残すべく、太刀花(たちばな)=橘の家紋を採用したのだろうか。 こんな話は誰からも聞かされてもいない。分家のそのまた分家の家に 文書などない。あくまで推測である。


輪違紋は金剛界と胎蔵界を表しているという。武士に未練がましい橘紋より輪違紋のほうが私としては好ましい。大高は清和源氏とされているが 大高の養子に源義家の子をもらい受けたにせよ、義家のおばさんと大高との子供が後を継いだにせよ、源氏とは無関係ではないだろうか。大高は あくまでも高階氏で、源氏の出ではないとおもいたい。
私は身内同士、親子そして同族同士の争いに明け暮れる清和源氏が好きになれない。高師直や大高もまた 、足利尊氏と弟の直義の争いに巻き込まれる(観応の擾乱)。家の隆盛と生き残りが美徳にせよ、裏切りはいただけない。
越後の守護上杉房能が守護代長尾為景に追われ、主君と同時に果てた丸山をよしとしたい。本来の家紋に戻すのも一案だ。 上杉や長尾に気兼ねする時世ではない。

(p2) 明治になり移住

 雪深い六日町より二つの家族が三国峠を越えた。一つの家族は沼田の利南に、もう一つの家族は金井の八坂神社近くに居留し、後に下金井に居を構えたとある。 これが私の先祖だ。私の家は「やねや」と近所から呼ばれていた。無一文で越後から出て来たので、藁ぶき屋根の職人としておそらく生計を立てたに相違ない。
 金井の住人として昔からいるように振舞っているが、実のところ親父が三代目で、私は四代目に過ぎない。