情報管理、ずさんさ浮き彫り 廃棄ハードディスク転売

 「個人情報を含む神奈川県の大量の行政データが蓄積されたハードディスク(HD)が転売されたことが6日、明らかになった。 HDの廃棄を担う事業者のずさんな管理が浮き彫りになり、県もデータ消去の確認が不十分だったと謝罪した。同じ業者に処理を委託する 企業や省庁には情報漏洩への懸念が広がっている。(日本経済新聞社)」
  ブロードリンク(東京・中央)のデータ消去担当社員がデータを破壊する前に社外に持ち出し犯行に及んだことによる。想定外の事態に 神奈川県は今後、職員の立ち合いによりこのような不祥事に対応するとのことだ。ブロードリンク「担当者は「管理が甘かった。 金属探知機の導入など再発防止を徹底したい」と話す。(日本経済新聞社)」とのことだが事態をかなり甘く見ていると思う。 業務内容の熟知及び業務工程の理解は役員の責任の範疇と考える。ブロードリンクの主要な取引先が一流企業や官庁ではないか。 それなのに何らの手当てもしてこなかったというのは経営者としていかがなものか。一流企業の幹部の劣化がこの国ではここまで 進んでしまったと思うとやるせない。
  どこにもネズミはいる。それを捕まえられない猫は無能だ。飽食を喜びとする猫ではなく、 やせて思慮深い猫を待ちたい。(2019/12/6)

民法の一部を改正する法律(債権法改正)について

 「平成29年5月26日,民法の一部を改正する法律(平成29年法律第44号)が成立しました(同年6月2日公布)。民法のうち債権関係の 規定(契約等)は,明治29年(1896年)に民法が制定された後,約120年間ほとんど改正がされていませんでした。 今回の改正は,民法のうち債権関係の規定ついて,取引社会を支える最も基本的な法的基礎である契約に関する規定を中心に, 社会・経済の変化への対応を図るための見直しを行うとともに,民法を国民一般に分かりやすいものとする観点から実務で通用している基本的なルールを 適切に明文化することとしたものです。(法務省・民事局のHomePageより引用)」
  いやはや、民法の債権編の施行が迫っている。今年の冬はじっくり改正民法を読み込む必要がありそうだ。民法はもとより法律は抽象的なものから 具体的な事柄に説明するという論理構成をとっている場合が多いい。民法の中でその中核的な位相にあるのが債権編である。よって私法一般を理解するうえで 債権編は極めて重要と言わざるを得ない。条文の数はそれほど多くはないが抽象度が高いので学習時間相当と思料する。
  でも、ちょと楽しそう。(2019/12/6)

「AIには勝てず」 韓国トップ棋士が引退

 「李氏は聯合ニュースとのインタビューで「AIの登場で、死に物狂いで第一人者になっても最高ではないことがわかった。 どのみち勝てない存在がある」と引退の理由を語った。(日本経済新聞:11/29)」生物と非生物との相違点は自己増殖の有無とされる。人間と人間以外の動植物との 差異は考えることのおおいさ、そしてその軽重であるとされる。
  囲碁の世界であるが、AIに人間は敗れたのである。AIをプログラミングしたのは紛れもなく人間であるから、AIは人間によって作成された物である。AIは人間の コントロール下にある。
しかしながら簡単なプログラミングならAIにも作れる。早晩AIのプログラミングもAIがするであろう。人間の感情は複雑とされるが、 これとてプログラミング可能な領域ですらある。 AIが工場でロボットを使いAIを製造する。自分よりよくできたAIを再生産する。これは正にAIの自己増殖の始まりである。
  人間とはいったい何者なのか、問われ始めているような気がする。アーノルド・シュワルツェネッガーのターミネーターの世界、その諸条件は整いつつある。 今日もばかなことを夢想してしまった。(2019/11/29)

JR原宿駅の駅舎、五輪後に解体へ

  「JR山手線原宿駅(東京都渋谷区)の大正期に建設された駅舎が取り壊されることになった。(朝日新聞)」学校帰りに渋谷駅ハチ公前を通り、NHKの脇を抜けそして 代々木公園を散策した。時たま明治神宮に寄り、清浄な気分に浸る。原宿駅から中央線の最寄り駅に向かうのが日課だった、そんな時があった。 原宿駅近くで見た夕焼けは今でも鮮明に焼き付いている。私の記憶の駅舎はこれからも残る、特別な存在なんだ。 (2019/11/19)

私事ですが、、電話で困っています。

 某電話の代理店よりいつもの案内電話あり。今夜の7時半ごろで、クレームの一つも言いたくなり、上席の方とお話ししたいと申し上げる。 H嬢曰く、「営業の電話ですので、9時までですのでそれまでに再度電話したい。」分かりましたと電話を置く。念のため、会社名と電話番号 それにH嬢の氏名を聞く。もう少し意地悪したいときは本社の所在地と役員の氏名を聞くことにしている。ほとんどの人はこの質問には閉口する。 連絡担当(電話での営業)に社長の氏名や本社の所在地といった知識は必要ないのだろう。法的には当たり前の質問(訪問販売法違反)だが、電話番 とすると居直りたくなるだろうと想像する。
  おいおい、夜の9時まで電話するのかい。私のところは早くてよかった。8時半ごろ、S氏より折り返しの 電話あり。今後一切B代理店及び某電話の代理店総てから電話連絡はしないようにするとのこと。多分噓だと思いつつ、信じたい欲求に負ける。 いずれにしても、こういった仕事をする会社と社員が可哀そう。今夜は大人げない事をしてしまった、反省。(2019/11/6)

金高騰、中銀が存在感 ロシアや中国が脱「米ドル依存」

 「高騰する金の買い手として世界の中央銀行の存在感が目立っている。2019年上期の中銀の金購入量は上期として1971年以降で最高ペースだ。 米ドル依存を脱却しつつ、準備資産の保全を図る目的で、ロシアや中国、ポーランドなど新興国が活発に購入している。(日本経済新聞)」金は利子が 付かないのだが、世界的な金融緩和と安全資産への選好からドルや債券からの乗り換える投資家が出てきているとのことだ。理論経済学からすると このような金への投資需要の増加は当然の脈絡なのだが、一部の経済評論家からすると意に沿わない現象と断じよう。
  こういった金からドルへのシフトが起こるとき世界経済の底流の変化の有無が一番の関心ごとになる。それは各国の中央銀行の金保有高の増減だ。 危機には程遠いと思うが、クライシスの兆候の一つと言えよう。いつも思うのだが、政府や中央銀行は表の信仰(声明)と裏の信仰(行動)を 上手く使い分ける。ニコニコした表の顔でなく、冷静沈着なる裏の顔を見たい。
米国のみならず、各国中央銀行の過度の金融緩和 は管理通貨制度の信頼を弛緩させかねない負の一面があることに留意する必要がある。基軸通貨たるドルの避けられない宿命を特に思う。(2019/11/2)


Index

責任の作法-高階峯緒の場合
過去の雨読(2019/12/1)